思いたったら吉日ヽ(`▽´)/

「思い立ったが吉日」が本来の語句ですがね・・ただの思い付き的な日記

パチスロタイプのカジノゲーム??

11月に入って、めっきり寒さが増してきた感がありますね。

今回もカジノ関連の記事になりますが、僕が贔屓にしているオンラインカジノサイト、”ベラジョンカジノ”から日本人プレイヤーの皆様へ朗報が入りました。

 日本人向けのパチスロ風カジノスロットが登場

f:id:sasaken-eng:20181117210934p:plain

はい、パチスロファンの方なら一見してみれば「お?」っという感じのカジノスロットが登場した模様です。

僕はここ数年、カジノか競馬・競輪のみで、パチンコ、パチスロは一切やっていないのですが、さすがにパチスロ風のスロット”と聞くと少しばかり気になってしまいます。

一体、どんなカジノゲームなのかというと、実際にはまだプレイすることが出来ていません。

何故かと言うと、今回発表されたこの”Hawaiian Dream”というスロットゲームですが、悔しいことに”モバイル版ベラジョン限定”となっています。

そのため、PCプレイがメインの僕にとっては気にはなるもののスマホではなくガラホを利用しているという事もあり、アプリを入手することすら難しい状況です(;´Д`)

こんなことなら、機種変更時に変なこだわりを捨ててスマホにしとけば良かったなと・・・少し後悔しています。

期間限定ながら特典あり!

しかも、11月16日21:00~11月18日21:00までと期間限定ながら、モバイル版ベラジョンへログインするだけで、な、なんと!$5ものスピンクレジットが貰えてしまうというもの。

今の御時世、ほとんどのゲームユーザーはスマホを利用しているでしょうから、カジノプレイヤーにしてみても恐らく、スマホiPhoneでのプレイヤーが多数でしょうね。

ベラジョンに於いても、僕のようにPCでプレイするより、移動しながらのモバイルでのプレイが今の時代にマッチしているかと思います。

それでもまだ、モバイル版ベラジョンのアプリを入手していない方のために、アプリの入手方法のリンクを貼っておきます。

モバイルアプリの入手方法

casino-news.sasakieng.tech

 

気になるゲーム仕様としては、パチスロのように3リール5ペイラインという構成になっており、出玉に対する期待率やFS(フリースピン)の継続率期待値のスペック等もプレイヤーに公開されているようです。

なかなか、パチスロファンにとっては期待できそうな機種ですね。

今回は手短に新機種のご紹介となりますが、試し打ちしてみた感想などコメントいただけると嬉しいです。

それではまたご次回。(_ _)

 

sasaken-eng.hatenablog.com

sasaken-eng.hatenablog.com

 

 

【保存版】カジノにおいてクレジットカードが使えない場合の対処法

最近、オンラインカジノへの入金の際に「クレジットカードでの入金ができない!」(デビットカードも含む)という声をよく聞きます。
理由としては、カード発行会社で”制限”をかけていたり、ただ単に”本人認証”が行われていないかのどちらかに絞られます。

今回はカードの”本人認証”と発行会社の”制限”について書いていこうと思います。

 

カードが思うように利用できない理由

カード決済が上手くいかない理由には下記の事が挙げられます。

カードの発行会社による利用制限

通常、オンラインカジノへの入金手段として、”Visa”、”Master”、”JCB”といったカードが主に利用されています。”JCB”についてはここ最近「LuckyNiki」で利用が可能ということで、カジノのプレイヤーの参入が大幅に増えてきています。

f:id:sasaken-eng:20181104120248j:plain

しかしながら、どのカードに於いてもいざ、入金しようとすると「入金エラー」が生じてしまい、カジノへの入金ができない場合もあります。

これは各カード発行会社がセキュリティや犯罪防止と”ギャンブル”目的のための利用を制限しているため、利用することができない事が多いですね。

カードの種類にも注意が必要

もう一つは、今やすっかり世の中に浸透している「デビットカード」も制限がかかりやすいカードの一つです。

なかには何の障害もなく決済が進むカードもありますが、そうでないカードがあります。
現在、僕が主に利用していて難なく利用できるのは、”auWallet(Master)””ジャパンネット(Visa)”くらいでしょうか、メインバンクは”楽天銀行(JCB)””ソニー銀行(Visa)”を利用していますが、この2つに関しては、ほぼ使えません。

通常のショッピング等には問題なく使えますが、カジノへの入金に関しては不可能のようです。

今の所直接入金に使えるデビットカード

今の所、カジノへの入金に対して有効なカード(自分的に)

の2つですが、その他にも有効なデビットカードもあるかもしれませんので試してみてください。

 

本人認証サービスを忘れている

結構、多いのが各カードブランドによる「本人認証」を忘れている場合です。

本人認証サービスとは第三者によるカード使用の犯罪を防止するために設けられているサービスの一つで、これを忘れるとショッピングすらできないという事態にもなりかね無いので、カード取得後の一番最初に行うべき初歩的な手続きになりますので忘れずに登録してくださいね。

ブランド毎の認証サービス

*カード発行機関によっては上記サイトから登録できない場合もありますので、その場合は各発行機関のサイトから認証を行う必要があります。

例:ソニー銀行VISAデビットの場合

  1. ソニー銀行のバンキング画面へログイン

    moneykit.net

  2. 左のメニューより「Sony Bank WALLET」を選択
  3. Visaデビット本人認証サービス設定を選択
  4. 案内に従って認証を進める。

以上で、本人認証についての説明は終了です。これでも解決しない場合は次の最終手段へ進みます。

Ecopayz経由で入金する方法

Ecopayzへ残高があればそのままカジノへ入金することが可能ですが、残高が無い場合は改めてEcopayzへ入金しなければなりませんが、いざ、カード決済で入金しようとするとカードのセキュリティ上の理由からか、Ecopayz側より”ギャンブル目的の入金と解釈し今後のカード利用ができなくなる場合がある”的な警告が表示されるので、直接カードによりEcopayzへ入金することはオススメしていません。

 

ゲームコードを購入して入金する

そこで僕はいろいろと試行錯誤した結果、ある方法にたどり着くことができました。その方法とは?

ゲームカードを購入しPINを使って口座へチャージするという、ゲーマーの方ならご存知の方法です。

幸い、Ecopayzの入金方法の中に”ecoVoucher”を利用して入金という手段が存在しています。

www.ecovoucher.net

これは規定の金額のゲームコードをクレジット決済で購入し、購入後に送られてくるPIN(コード)を使って現金化するという方法なのですが、クレジットカードに制限が掛かっている様な時に通常のショッピングと同じ条件のもとで決済が可能なため大変、便利な方法と言えます。

ゲームコード購入の手順

  1. Ecoアカウントにログイン
  2. 左のメニュー「資金を入金」を選択
  3. ”ecoVoucher”というタブを選択し右下の”ecoVoucher”というバナーを選択

    f:id:sasaken-eng:20181104114103j:plain

  4. EcoVoucherの関連サイトへジャンプするのでそのまま「https://www.offgamers.com」のリンクへ

    f:id:sasaken-eng:20181104114423j:plain


    www.offgamers.com

  5. Offgamerのサイトで希望のVoucherを購入する

    f:id:sasaken-eng:20181104115106j:plain
    購入の際は通貨の選択を間違わないようにしてくださいね。

  6. 購入が完了したらPINが到着するのを待つだけです。PIN到着後は届いたコードを再度、Ecopayzの入金画面へ移動してコードを入力・金額を指定すれば口座への入金作業は完了です。

最後に

いかがでしたか?これでクレジット決済時のトラブルの原因が理解してもらえたのではないでしょうか。

記事のはじめから順序よく試してみて、それでも駄目なら最後のゲームコードを現金化するという方法が今の所、最善の方法ではないかと思います。

また、こういった方法もあるよ!という方がいましたらご連絡いただければと思います。

 

それではまた、次回_(_^_)_

 

site.gotoluckyniki.com

 

 

sasaken-eng.hatenablog.com

sasaken-eng.hatenablog.com

 

 

日曜日が終わってしまう

どうも「ITドカタ」の針たむです。

今日も日曜ということもあり例に漏れず「NETBET」のフリースピンを頂いてきましたよ。

案の定、そんなにキャッシュが増えるという、夢の様な事態は当然起こらないしね。

さて、カジノもいいんだけど、今月から来月にかけて、現在運営しているサイトのドメインの分散化を廃止して、主流で利用しているビジネスドメインに全て統合することとなりました。

 

ドメインを統合する理由

はい、当然そうくるでしょうね~
まあ、なんのことはない、ドメインに更新料を払うのが非常に勿体無いし無駄であるということだあね。

実際、独自ドメインにしてからアクセス自体は上がったりはしたけれど、収益自体だけに関して言えば、カジノのアフィリサイト以外は元すら取れない気がするしね。

残すドメインは一つだけ!だが・・・

ひとまず、残すドメインだけは先日、契約更新の手続きをして残しておいた。
じつはこのドメイン統合の計画のおかげでひどい目に遭った・・・

WordPressのサイト構築の仕組みというのはFTP(ファイル)」「データベース」で構築されていて、どちらか一方で不具合や記述ミスがあると、サイトの管理ページ自体にアクセスできなくなり、と~~~~っても大変な目に遭います。

All-in-One WP Migrationというプラグインを知らなかった

実は、サイトの引っ越しなんていうのはFTPをダウンロードしておいて、必要なところだけチョチョイとイジればOKじゃね?

 

iritec.jp


的な考えの中、暴走しまくった結果が、サイトのファイルデータとデータベースの記述が全然合ってない。

当然、エラー表示が出てサイトは見ることもできない市、管理ページにすらたどり着けない。

データベースも、かなり自己流と自己判断で記述を変えまくった・・・・
そもそもデータベース名自体、何も考えてなかったので判るように名前分けをしていなかった。

もうどうにもならない・・・

techacademy.jp

しかしながら、不思議なもので、何度も触っているうちになんとなく重要なテーブルの位置と意味というものが分かってきた。このあたりから少しづつ、データベースの値、FTPの記述を改変しながら、異世界を彷徨っている俺の可愛いサイト達を少しづつ呼び戻すことができた。

はじめにWordPressプラグインAll-in-One WP Migration」というものを知っていれば、二週間以上のデータの修正作業やら、解決しそうな気に全然ならないような状態にまで陥ることはなかったはず・・・

ja.wordpress.org

引っ越し完了までに掛かった日数

前述の「All-in-One WP Migration」を使えばたった、3クリックで引っ越し作業が済んでしまう。

このプラグインを使ったのは正直、昨夜から今朝にかけての移転作業中と先週の日曜日に3度程・・・

早かったね・・これは

このプラグインにたどり着くまで駄目にしたサイトが一つ、溜まったストレスかなりの量。引っ越し作業の合間にも、引っ越しする前の既存のサイトへ「302リダイレクト」の記述をするという作業もあり、これまたうまい具合に動作してくれないし、リダイレクトの記述・・これだけで3日掛かってます。

www.suzukikenichi.com

面倒くさいから、「.htaccess」とかいじらないで、そのまま引っ越し強行だけどね。

なんとか無事に移転完了

今回、仕事で福島県の小野町というところに泊まってるんだけど、今週は面倒だからそのまま小野町の宿舎にお泊りしてました。
あ、小野町にはリカちゃんのお城がありますよ。


www.liccacastle.co.jp

 

リカちゃんに気を取られていそうだけど、宿舎に到着し、部屋へ引きこもる。周りに誰もいないため、サイトの移転作業にはもってこい、な環境下で延々と足が固まるほどに・・( ゚д゚)ハッ!・・・作業を続けましたよ。はい。

朝方まで掛かってようやく全ての作業は完了というところ。
いい加減、目を休ませないと明日の仕事に影響するから、横になりたいんだが・・PCがやめれないんだが・・( ゚д゚)ハッ!・・・

時計を見ればすでに夜の8時を回ってしまっている。もう、寝たほうがいいに決まってるんだけど、なかなか・・・ね。

サイト移転作業ばかりで、こちらの更新が全然できなかったからこの記事だけは書き終えてから寝るかな。強めのチューハイドライを飲んでね。

 

それではまた、次回です。(_ _)

寝よう・・・

 

 ★ここからは過去の記事★

sasaken-eng.hatenablog.com

sasaken-eng.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

カジノで止め時を誤るとこうなる

相変わらずカジノのスロットに夢中な「針たむ」です。
先週末からNETBETにてフリースピンをゲットして地道に増やそうと言う計画だった訳ですが、案の定って所でしょうか・・・やってしまいましたね(笑)

NETBETでは日曜限定フリースピンと言うものがあり、パズルのようにバラバラになっている機種を当てればその機種でフリースピンを貰えると言うものです。

 

f:id:sasaken-eng:20181001192528p:plain

今回の機種のスクショを撮りわすれた為、画像と機種名は全然覚えてないのですが、今回は珍しく、手持ちのキャッシュを地道に増やすことが出来たのでいくつかのスクショを添えながら記事を書いて行こうと思う。

続きを読む

BLITZモードを試して見た

前回に引き続き、またもやカジノネタになりますが、今朝方、AUのウォレットカードに多少現金が残っていたので、久しぶりに「カジ旅」をプレイしてみました。

ここしばらくプレイしていなかった為に全然解らなかったのですが、いつの間にか「BLITZ」モードというプレイ方法が追加されていたので、どんなもんだ?的に早朝から自己犠牲の精神(笑)で試し打ちしてみましたよ。

f:id:sasaken-eng:20180924084259j:plain

BLITZとは何だ?

f:id:sasaken-eng:20180924080743j:plain

まず、「BLITZ」って何なんだろう?
BLITZというのはカジ旅独自のプレイモードの事で通常プレイの6倍のスピードでプレイをする事が出来るモードの事で、カジ旅曰く、光の早さで勝利金が増えていく。ということらしいのだが、実際のところどうなのか試してみましょう。

auWALLETで入金

たまたま、au WALLETに残金があったので無駄遣い的に入金してみた。
入金手段については通常、クレジットカードかEcopayzが一般的なのですが、Auウォレットに付随しているmasterからも入金が可能なので、僕もたまに利用しています。

f:id:sasaken-eng:20180924082113j:plain

早速プレイしてみた

無事に入金も済み、カジ旅のキャッシャーに即座に反映されたところで早速、プレイ開始。

プレイする機種は当然、いつもの「TwinSpin」一択で!

f:id:sasaken-eng:20180924082554j:plain

画面左が例のBLITZモードで右側が通常のモード。

一体、どんだけのスピードでリールが回転するんだろうと、期待を膨らませながら「BLITZでプレイ!」というボタンをクリックする。

f:id:sasaken-eng:20180924082850j:plain

すると上記のような画面に切り替わり、ベット額と自動回転数をセットしてスタートするわけだが・・・・・・・

なんだこれ?

リールの回転などは一切、表示されず上記のような画面の中で所持金額が減っていくのと、勝利金が交互に表示されるだけでプレイしている気がしない。

う~ん、どうなんだ?これ・・

確かに波が上昇中であれば一気に所持金が増えるというものなんだろうけど、あまりにもシンプルすぎるような気がする。

別にすぐに停止して通常モードでプレイしてもいいんだろうけど、変な期待感というものも正直あり、所持金全て消化させてしまったというのは言うまでもなく・・

プレイ開始からわずか2分少々の出来事でした。

・・・・・やめとけばよかった (^▽^;)

BLITZモードの感想

個人的にはあまり資金力が無い自分には今イチな機能に感じます。

逆に、通常モードでプレイして機能の設定ボタンから高速回転に切り替えてプレイするくらいが丁度いい感じもしますね。

上記はあくまでも個人的な感想ですので実際にプレイしてみて体感してみるのも良いと思います。

⇒カジ旅はこちらから

 

人それぞれゲームに対する感覚というものは様々かと思うので、実際に北欧生まれのRPG風カジノである「カジ旅」を体験してみてください。

では、また次回。

 

 

sasaken-eng.hatenablog.com

sasaken-eng.hatenablog.com

 

スロットでまさかの15億円の勝利金?

どうも「針たむ」です。


先日、別のブログにも記事にしたのですが、とあるオンラインカジノのスロットゲームで€1200万という超高額の勝利金を獲得された方が出たそうです。

€1200万といってもピンとこないかと思います。大体、その時の相場にも左右されますが、約15億3984万円位でしょうか。

いきなりこんな賞金を獲得できたら、ちまちまと現場仕事なんてやってられませんね~(^_^;)

15億円もあれば・・・・

一生遊んで暮らせる事は間違いありませんね。

 

 超高額賞金続出のカジノ?

さて、問題の一生何もせずに遊んで暮らせる程の高額ジャックポットを獲得させてくれたのは、日本国内でもアニメ関連の謳い文句で有名なカジノサイトである「LukyNiki」ラッキーニッキーというカジノサイトです。

この桁外れなジャックポットを叩き出したのは、他のカジノサイトでも超有名なMEGA MOOLAHメガムーラーです。知っている方は何度かプレイしたこともあるのではないでしょうか?

タイトル画面とプレイ画面のショットです。

f:id:sasaken-eng:20180910174912j:plain

f:id:sasaken-eng:20180910174927j:plain

上記の画面、見た事ありますよね^^

 LukyNikiというカジノ

このLukyNikiというカジノサイトは以前まで、方々のカジノサイトを運営していた方達が集って、これまで培ってきたカジノ運営のノウハウを生かし、日本人向けに立ちあげたという説があり、僕も実際に登録だけはしていますが、これまであまりプレイする事はありませんでしたね。
僕が通常プレイしているのは大抵、ベラジョンオンリーでプレイしていましたからね。

ベラジョンも日本人向けに作られているサイトなので、プレイのしやすさとしてはトップレベルですしね。

LukyNikiの信用性と安全性

それでは、LukyNikiの信用性と安全性についてですが、上のバナーにも標記されている通り、マルタ共和国による公認ライセンスを取得している事から信用性は抜群と言えます。

ライセンスについて要約すれば、悪質なカジノに対しては絶対に発行される事が政府公認のゲーミングライセンスというものですが、信頼性が一番なのが、マルタ共和国ジブラルタル、の二国でしょう。その他にもカナダやフィリピンなど、多国にわたってライセンスの発行をしている政府もありますが、未だに検討の余地があるものや、信用性に欠けるライセンス発行国も存在しています。

いろいろなカジノサイトがある中で入金してプレイをする前に確認して欲しいのがライセンスの発行国の確認ですので、覚えておいてください。

国内でもジャックポット出現!

冒頭の15億円よりも少し前には国内でもジャックポットを引き当てたラッキーな方がいます。このときは神奈川県に在住の「Iさん」と言う方がYGGDRASIL(ユグドラシル)社のOzwin’s Jackpots (オズウィンズジャックポッツ)というスロットゲームで€15000のジャックポットを引き当てたそうです。

下はタイトル画面と当たった時のショットです。

f:id:sasaken-eng:20180910175611j:plain

ジャックポット獲得時のプレイ画面

f:id:sasaken-eng:20180910175641j:plain

脳汁ものです・・

ジャックポットまでとはいかなくとも、通常プレイしていると100倍~200倍はしょっちゅう出現しますので楽しいですけどね。

これが未だにカジノが止められない理由でもありますがね・・・

実は・・・

僕も以前に、こういった賞金を獲得して以前はカジノにのめりこみ過ぎて大変な目にあったわけですけどね・・・

最近は余った資金しか使わないように自分でセーブしてプレイしていますので大きく勝つことは少ないですし、負けも微々たるもんで済んでいます。

まあ今回は、あまりにも超高額な賞金を獲得された方が出たと言うことで記事にしてみましたが、くれぐれも夢中になりすぎてお金を使い過ぎないようにご注意ください。

*2018.09.14追記分

EcoPayz(エコペイズ)は必須

そうそう忘れてはイケないのが出金するための口座です。ここ最近、いろいろと規制が掛かってしまい、せっかく獲得した賞金を出金することができないということも稀にあります。

secure.ecopayz.com

そこで今現在、有効な引き出し手段としてはEcoPayzが最も有効な手段となっていますが最近、EU圏内以外の国では2018年8月6日をもって「Ecocard」の使用が規制により使えなくなってしまい、出金に余計な日数をかけなければならなくなってしまいました。

Ecocardについて

Ecocardってなんぞや?という方のために、EcocardとはEcopayzで発行している国内外のATMで使えるプリベイドカードで、アカウントのレベルによって引き出しの回数や金額に上限はあるものの、Ecopayzからの出金手段としては最速の便利なカードでした。

f:id:sasaken-eng:20180914222028p:plain

規制が掛かってしまったものは、仕方が無いので、カジノ⇒Ecopayz⇒国内銀行へ送金といったちょっと手間が掛かる方法を取っています。大体、3~8日位で国内銀行へ送金されます。

即金で手元に現金が手に入らないと言う以外は、特に不便も無く利用できるので必ず口座を開設しておいてくださいね。

*他のカジノサイトでも概ね有効ですので必須項目です。

その他おススメのカジノ

完全日本語対応のベラジョンLukiNikiNetBetインターカジノ等の他にもおススメのカジノはありますが、こちらについては現在、日本語には対応しておりません。

もし、英語でも大丈夫!と言う方は、下記のリンクからどうぞ。登録ボーナスも色々、ありますので楽しいと思います。

最後に

少しづつ追加しながらのカジノについての記事ですが、後になって色々と思いだしたり、大事な事を伝え忘れたりすることが多いので更新があった場合は、当ブログをちょっとだけでもいいのでチェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

では、またご次回。

 

 

 

9月度釣行記

*2018.9.10追記アリ

こんばんは

自称「ITドカタ」の針たむです。
現場作業での極限の疲労でブログ更新がおろそかになっています。

さて、今回は数年ぶりに漁船を貸しきっての女川港発⇒金華山沖へのヒラメ釣行へ行ってまいりました。

今年はおかっぱりすら行けずに満足に釣りを楽しむ機会が無かったため、今回のこの釣行は計画した数ヶ月前から楽しみにしてました。

釣行当日がやってきた

釣行当日、自宅である白石を深夜の1時位にでて、仲間を拾いつつ女川港へ向けて出発です。

深夜ですので道路が混雑すると言う事がないので予定より早く、現地へ到着することができました。

まずは漁船を手配してくれる女川町内にある某釣具店へ向かい、乗船名簿に氏名を書いて、漁港へ案内してもらいます。

待つ事数十分、本日乗船する予定の「第三宝久丸」さんが入港してきます。何年ぶりかのヒラメ釣行ですので、緊張と期待が交互に入り混じり船酔いしそうな気分になってきます。(笑)

 いよいよ釣行へ

f:id:sasaken-eng:20180906193336j:plain

さあ、いよいよ出港の時間です。

せっかくなのでなるべく写真を残そうと思って入るものの、生憎、携帯のカメラのレンズが傷ついて撮影困難だったため、同行した仲間に一旦、撮影してもらい、自分の携帯へ送信してもらうという非常に面倒くさい手法で今回、画像をアップしています。

いつもは、サーフからのヒラメ狙いしかやらないので、釣ったとしても一枚~三枚程度ですので、数釣りができる今回の釣行は期待十分ですね。

女川港出港後、周りの景色を見ながらレンズの傷ついた、自分の携帯で撮影してみたのがこちらの写真。

f:id:sasaken-eng:20180906194949j:plain

思ったほど悪くないですね。とはいえ、やはり撮影する暇が無くてですね、今回の記事も殆ど写真がないような記事になっています。

牡鹿半島を横目に見ながら今回の漁場である金華山沖へ向かいます。この日の波の状態は、先週からの台風の影響もあって、2m前後の波の高さがある状態です。

今回は結構、場所によっては釣りがしにくい環境じゃないでしょうかね、そしてやはりというか、必然的に起こるであろう、洗礼を受ける事になる、今回船釣り初挑戦の「Y君」が案の定、船酔いに。彼の写真を撮ったは撮ったが、あまりにも無様で可愛そうなので、今回アップはしません。

今回の使用タックル

今回は、普段サーフからしかジギングをしない僕ですので全て、うちの兄からの借り物です。

ロッド:ダイワ アナリスターH270
リール:ダイワ カルカッタコンクエスト300 左巻き

とまあ、こんなところですかね。

普段船釣りってしないものだから、以前持っていたロッドとかリールとか全て処分してしまって残っていないので仕様が無いですよね。

 

 

釣り場到着~

はい~、そんなこんなで無事に釣り場へ到着です。移動中に仕掛けはセットしておいたのですぐに釣りを開始できますよ~

当たりは速攻でやってきた

合図とともに、すぐさま仕掛けを投入!

すると投入からわずか数秒で当たりが来た!
物凄い引きと重さで格闘する事5分少々、どうしてもオイラのカルカッタ君では巻き切れない・・

カルカッタじゃねえよ!的な愚痴を言いながらひたすら巻いては引かれ、巻いては引かれの繰り返し、これは組み合わせが悪いのでは・・・?

隣の「Y君」なんか座布団級のヒラメを普通に巻き上げてるし・・

などと、思いながら格闘した結果、獲物は「青モノ(ワラサ)」と判明。
そりゃ~走るわな・・・ジギング装備でもなけりゃ巻けるわけが無い・・・と、自分に言い聞かせてすぐに、ブチっと・・・きれましたよラインが・・内心、ホッとしたのとその青モノと対面したかったのと半々・・

ただ、結構な時間、青モノと格闘しすぎて体中が筋肉痛になりそうなくらい痛い。正直、もう帰りたい、的な衝動に駆られる。

青モノ怖い、もうこないで。

その願いは無残にも打ち砕かれ、青モノ連発。ただ、最初の青モノと比べると小ぶりなせいか、何とか少しの格闘時間で釣り上げる事が出来る。

青モノ連続で6本くらいかな、ヒラメはまだか~と祈っているうちにようやく、あのじれったいアタリが出現した。

ヒラメのお時間到来!

ヒラメだね、あとは喰わせるタイミングを間違わなければ余裕で巻き上げてこれる!

ヨシ!乗った!

珍しく喰わせ上手だね俺(笑)
こんな感じで、一枚目~二枚目~三枚目~、青モノラッシュが終わって今度はヒラメラッシュの始まりで、船内あちこちで釣れまくる状態に皆歓喜!

なんとなく金華山沖のヒラメって、いつもオイラが釣ってるヒラメと模様が違うね、やぱし、海の環境の違いでいろいろな模様のヒラメさんがいるんだね~

f:id:sasaken-eng:20180906202842j:plain

いつもはこんな模様のヒラメが多いけどね。
左は船釣り初挑戦の「Y君」右がオイラ

f:id:sasaken-eng:20180906202915j:plain

 こんな模様のヒラメが今回多かった気がする。写真は帰港後に内臓抜きした時の写真。

 

お楽しみタイム終了です

予定より時間的には結構、オーバーはしていますが、各自、満足できる数のヒラメ・青モノをゲットしたところで船頭さんがタイミングを見計らって終了の合図です。

もう、クーラーボックスも一杯だからそろそろ止めようよ~的な流れで、ようやく終了~となりました。

無事に女川港へ帰港し、その場で魚の下処理を行ない、なるべく家に帰ってからの生ゴミ発生防ぐために、頭部、内臓、不要な部位を取り除く作業に取りかかります。

f:id:sasaken-eng:20180906204119j:plain

f:id:sasaken-eng:20180906204135j:plain

グロいな・・・この絵は

疲労とともに帰宅する

なんとか午後三時には下処理も終了しここで始めて帰宅の途につけます。深夜1時から自宅を出発してから約14時間が経過しようとしています。

ここから更に自動車で二時間の移動が待っているんですが、だ~れも運転替わってはくれないのね・・(~_~;)

さすがに、16時間通しで、ってのは疲れを通り越してしまいますね。帰宅してから次の日の昼まで爆睡していたのは言うまでもありません。

気になる釣果

 さて今回、釣り好きの仕事仲間内、総勢5名での釣行でしたが、ボウズだったのは誰一人いない上、むしろ初心者である「Y君」がヒラメの連続釣り上げ枚数がトップの数で釣行を終えました。

  • 1位:「Y君」ヒラメ8枚・ワラサ6本
  • 2位:「オイラ」ヒラメ5枚・ワラサ8本
  • 3位:「車塚氏」ヒラメ2枚・ワラサ2本
  • 4位:「兄様」ヒラメ2枚・ワラサ2本・ホシガレイ1枚
  • 5位:「宍戸氏」ヒラメ1枚・ワラサ2本

ざっと、こんな感じの釣果でしたが、「Y君」の釣りっぷりはある意味快挙でしたね。

まとめ

今年に入ってサーフにでたのがまだ寒い2月の後半一回きりで、春から今回の釣行の間に一度もサーフどころか夜釣りにすら出掛けていなかった僕だったので、今回の釣行は十分に満足が出来る釣行となりました。

8月が終わり、マゴチの時期が終わり、寒くなる冬の前にサーフに立ち入って、オカッパリからのヒラメ狙いを慣行したい針たむでした。

また、釣行を行なった際には記事を書こうと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

2018.9.10追記

さてさて、前回の釣行以降、またまた釣りに出掛けたくなり先日夜半よりいつもの新地町にある釣師浜漁港へメバル狙いでの釣行に出掛けましたよ。

本当ならもう少し早い時間帯からメバルを狙うのが常だったのですが、今回は早朝から釣りをしたいという仲間がいたので少しばかり時間帯をずらしての釣師浜釣行です。

今回の使用タックル

今回は以前にAmazonで安く販売されていたプロマリン(PRO MARINE) PG イカダDX 165という筏釣り用のロッドとペアで購入した筏リール(タイコリール)を使用してみました。

このロッドとリールの組み合わせは黒鯛狙いにベストなのですが、メバル釣りにも穂先が柔らかいため最適な組み合わせです。

f:id:sasaken-eng:20180910221221p:plain

まあ、安い買い物なので耐久度についてはわかりません(笑)
ただ実際に釣りを実践して見ると小ぶりなメバルでも恐ろしく穂先が曲がり、なかなか面白い。

落としこむ感触もガン玉を付ければ静かに落ちていくので自然な感じでよいですね。そんな感じで探っているとアタリが来まして、小ぶりなメバルをゲットです。いや、これは面白い釣り方ですよ、本当に。

小ぶりだから抜きあげることが出来ますが、これがちょっとサイズが大きくなったら・・折れるんじゃないかと言うような竿の柔らかさ。念のため玉網はそばに用意しておきましたが、その後アタリがプッツリ途絶えて、そのまま朝マズメの時間帯へ突入もむなしく追加で1匹のメバルが釣れただけ・・・

その頃、遅れて合流した友人も時間帯が悪すぎて、釣れるのは小さなカニとか、ヒトデとか・・・・いい加減その頃になると岸壁沿いにいるのは小さな餌取り群団(笑)ひたすら餌の消費に拍車をかける始末で、もうテンション下がりまくりの土曜の朝。

初めからサーフに出てヒラメでも狙っておけば良かった、という後悔の念に押しつぶされそうになりながらも、仕掛けとタックルを替えて「ブッコミ」で勝負。

すると、仕掛けを投げ入れるやいなや速攻でアタリが!

少し遅合わせ気味で合わせを入れ、巻き上げて見ると、お呼びではない「シャコ」様の登場です。

f:id:sasaken-eng:20180910223946j:plain

この後、当たりは頻発するもののおそらくはコイツの仕業に間違いないと言う事で、合わせも糞もへったくれもなく放置。もう止めようと巻き上げるとやはりコイツがもう一匹・・・・

いい加減疲れたので、帰宅と相成りました。

周囲を見れば「サビキ師」のような人が結構いて、入れればぽんぽんと釣りあげている。次週は「サビキ」で勝負か?

と、メバルも捨てがたくヒラメも捨てがたい、どんな釣りをすれば良いのかさえわからずのまま次週を迎えていきます。

追記程度の記事の予定が思いの他長ったらしくなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

次回も釣りネタでいこうとは思っていますのでお付き合いください。

では、また!

 

 

 

関連する記事 

sasaken-eng.hatenablog.com

sasaken-eng.hatenablog.com

sasaken-eng.hatenablog.com

sasaken-eng.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

[禁煙・減煙]ヴェポライザーを試してみた

こんにちは

日曜ともなれば朝ビールにはまっていて、釣りに全然行ってない自称ITドカタの「針たむ」です。

今回はタバコについての記事となります。

f:id:sasaken-eng:20180722115950j:plain

 

ヴェポライザー到着

先日、Amazonからヴェポライザーがやっと届きました。

モデルは「LVSmoke」のFlashというモデルになります。過熱式タバコをここ何ヶ月か使用していて、普通の市販のタバコを何等分かにして使用、または手巻き用のシャグを使用したりできるということで、コスト的な面でかなり気になっていていたので、今回これの購入に踏み切った次第です。

IqosやGloなんかも試してみましたが、やはりコストの面で普通の紙巻タバコより維持費もかかるのでどうにかならないかと思い悩んだ末、これにたどり着いたわけですね。

 

f:id:sasaken-eng:20180722120923j:plain

 

ヴェポライザーって?


ヴェポライザーって何?という方のために簡単に説明すると、ヴェイプや電子タバコが登場する更に以前より医療用に開発されていたドライハーブを加熱して発生した煙を吸うための器具です。

燃焼させたハーブを喫煙するよりも加熱だけで煙を発生させるためタールや一酸化炭素を抑える事がテ出来る便利モノでもあります。

電子式が現在は主流ですが、ガラス製の筒状のものにハーブやゴニョゴニョを入れて火であぶりその煙を吸うといったアナログなものが本来のヴェポライザーです。

コスト面の問題

最近になって、自分・他人が吸っているタバコ臭が嫌で禁煙しようとしても、これまで一度も禁煙に成功した事が無いのですがね・・

思い起こせば禁煙ガムから始まり、通常80%以上の割合で成功する禁煙外来でさえも、通算3年かけて通院したにもかかわらず全てが失敗に終わってきました。

過熱式タバコのブームでIqos・Glo・PloomTechといった主流の過熱式デバイスも一通り試しましたが、何かが違うと思いつつも先日まで使用はしていました。ですが、デバイス+スティックの価格のバランスがどうしても良いとは言えないのが実情で今までの紙巻タバコよりもはるかにコストがかかるという問題。

手巻きタバコだとシャグ(タバコ葉)自体には税金が掛からないのでかなり安く済むのでしばらく手巻きタバコを使用していましたが、以前と違い事務所内での作業ではなく屋外での作業が増えた近頃では手巻きで吸っている時間がないのでここ最近は、疎遠になっています。

しかし、このヴェポライザーを使用する事により通常の紙巻タバコ(使用量4分の1程度)・手巻き用のシャグを使って加熱式タバコとして利用する事が出来るためコスト面では大幅に他のデバイスを上回っていると感じます。

実際に吸ってみた感想

実際に吸ってみた感想としては、もうIqosとかGloは必要ないというのが率直な意見ですかね。

葉の詰め方や分量にもよるのかも知れませんが、キック感・味ともに「タバコ」です。ちょっと裏技的にミストを増やすためにシャグにグリセリンを混ぜると言うのもアリです。

グリセリン:リキッド式の電子タバコで使用するコレです

f:id:sasaken-eng:20180722124439j:plain

じつは以前に禁煙を目論んでベイプというものを買ったことがあり、しばらく使用していたためリキッド等が結構、残っていたんですね。

リキッドについての詳細はこちら

自分が使用しているシャグはチェのレッドで、ここ数年ほったらかしだったのもあって、どちらかと言うと乾いているような感じがしたので、ちょっと試しにリキッドを添加してみました。

*リキッドを使用する際は「スペーサー」等を使用してくださいね。故障の原因となります。

f:id:sasaken-eng:20180722125019j:plain

f:id:sasaken-eng:20180722124929j:plain

ヤニクラ!キターーーーー!!

これがまた、ガツンときましたよ。
コレまでの加熱式タバコでは味わう事が出来なかったタバコ特有の味もさることながら、久々のヤニクラのグラグラが。

結論、IqosとかGlo・・・もうイラネ(笑)

Iqosのあのタマゴの腐ったような匂い・・キック感はあるけどね、Gloにかんしては吸った気がしない・・味は少しいいけどね・・

味・喫味ともに、当面はヴェポライザーのみで行きたいところですが・・・実は問題点が一つ・・

ヴェポライザーの問題点

タバコ好きなら一台は持っていたいこのヴェポですが、自分が購入したモデルに関してはバッテリーの持ちが非常に悪いんです。

結構安いタイプだから仕方がないとしても平均燃焼温度400℃で使用すると5~6セット(5分で1セット)使用出来るかどうかという感じです。

おそらくもうちょっと高価で最新式のモデルならなんとか一日使用するということも可能かもしれませんがさすがに1万円台からのモデルを買う気にはなれませんしね・・

もう少し長時間使用可能で安いモデルを再度探してみますかね。

まとめ

やはり加熱式タバコにしろ紙巻・手巻きにしてもそれぞれ、一長一短というものはあるようでコスト面を考えればヴェポ、持続性を考えればIqos、Glo、Ploomtechでしょう、禁煙したいのならベイプ。

いや、いっそタバコ止めたほうが一番いいんだろうけど、長年付きあってきたニコチン様と縁を切るのも忍びない・・・

結論が出ないまま今回はお開きといたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

 

 

sasaken-eng.hatenablog.com

 

 

 

獺祭が製造不能に??

どうもITドカタの「針たむ」です。

今回の記録的な大雨により多大な被害が続出していますね。人的・物的被害も数多く報告されているようです。

 獺祭って?

獺祭=だっさい。と読みますが、山口県岩国市の旭酒造にて製造されている人気銘柄の日本酒です。

国内外で人気を誇る大変美味しい日本酒です。僕もAmazonなどで獺祭を少し検索して見たら、様々な種類が存在する様で、価格もピンキリの設定ですね。

獺祭の製造が出来なくなる?

そんな人気銘柄の獺祭ですが、今回の記録的な大雨により本社蔵と呼ばれる山あいの蔵が浸水した事によって製造することが出来なくなったと言う事です。

日本酒好きの方、獺祭を好んで呑んでいる方に取っては大事件ですね。

この製造不能になった事についてのニュースはまだ11時間程前の事なので今のところ価格の高騰は見受けられませんが、ここ最近のハイボール人気による国産ウィスキーの価格高騰の流れを見てると時間の問題でしょうか・・・

国産の一つである山崎というウィスキーなんて高級クラブ以上の値段ですからね・・

 

現在、9000円以上で販売されています・・

獺祭についても在庫が豊富であればよいのですけどね。
価格の高騰だけは実際、勘弁していただきたいものです。

さて、被害にあった本社蔵ですが、今のところ復旧の見通しは立っていないとの事ですので一日も早い対策と復旧を願います。

 

amzn.to

AmazonBusinessに登録してみた

先日、AmazonPrimeに登録した針たむです。

 

sasaken-eng.hatenablog.com

 

Primeに登録した理由というのは、会員特典のうちの一つPrimeビデオが見放題というのが登録の理由でした。その時のPrimeのページでちょっと気になったアカウントサービスがあったので早速、サービスを利用して見る事にした。

 

AmazonBusinessとは

(・-・)・・・ん??

AmazonBusiness??

なんだそれ?と言うわけで何でも知りたがりの僕は早速このアカウントサービスに登録する事にしたわけだけれど、内容を把握するとともに登録するメリットというものを始めに知っておかなければならない。

メリットとして

  1. 法人価格での大量注文が可能(割引あり)。
  2. Prime配送特典が無料(期間限定)で利用できる。
  3. ユーザー(従業員等)を追加してグループでの購入が可能。
  4. 請求書払いが可能。
  5. AmazonBusinessを利用して商品販売が可能。

と、こんなもんでしょうかね。

1~5のうち僕が一番、登録する理由となったのが4の請求書払い(後払い)が可能と言う点でしょう。基本的に現金に乏しい僕ですのでこれは見逃せない最大のメリットです。

Amazon以外にもアスクルやモノタロウといったネット販売サービスに登録していますがいずれも請求書払いでの決算を行なっています。

アスクル、モノタロウでは販売していないジャンルの商品がAmazonでは購入できると言うのも理由の一つですね。

登録完了後、試しに以前から気になっていたIqos互換機というものを請求書払いにて購入してみましたよ。

*Business関連と関係無くても購入可能です。

 

こんなのばっか買っているからいつも手持ちの現金が無くなるんだろうね・・・

必要のないものは極力買わないように努力します(笑)

登録に必要なもの

登録の際に必要となるのは僕の場合、個人事業主なので

  1. 昨年度の確定申告書の写し
  2. 個人事業の届出書の写し

程度でアカウントの開設は完了できました。

全てサイト上からの書類のアップロードで完結できるので簡単です。

請求書払いの手続き

アカウントの開設が完了しても初めから請求書払いが出来るわけではないのでご注意を!

アカウントの管理画面にて請求書払いの設定と言う項目をクリックして手続きに入りますが、ここで登録時の書類の他に「決算報告書」という書類のアップロードが必要になります。

僕の場合、個人事業で白色申告しかしていないのでそんなものはありません。が、代わりに「収支内訳報告書」というものを添付してみたところ無事に請求書払いの設定が完了することができました。

案外思ったより簡単ですね(^^)

現金、クレジットでは駄目な理由

さて、僕が何故こんなに請求書払いや後払いにこだわるのかと言うと先にも述べた通り現金に乏しいと言う点が挙げられますが、そもそもクレジットカードと言うものを持つ事が出来ない真黒黒助だからなんですね・・・

余談ではありますが、高速移動時のETCカードや燃料補給のためのカードと言うものが一切作る事が出来ないので全てを「高速情報協同組合 」という団体さんに面倒を見て貰っています。

 

sasaken-eng.hatenablog.com

 

これは本当に大事な団体さんで、クレジット審査に通らない人でもカードを取得できるという神様の様な存在ですので、クレジット審査が通らない方は一度相談してましょう。

 

まとめ

最後に、いくつかの仕入れサイトで後払い契約をしている僕ですが実際にはそんなに頻繁に商品を購入するわけでもないです。主に利用しているのは本当に必要な事務用品や現場資材なので「アスクル」か「モノタロウ」ですね。

Amazon」は商品が豊富すぎるためにちょっと気になる商品があるとついつい、購入してしまいそうな魔力があります(笑)。皆さんも購入の際は買いすぎに注意して利用してくださいね。

 

それでは、また次回<(_ _)>

 

sasaken-eng.hatenablog.com

 

© 2013-2018 思いたったら吉日.