思いたったら吉日ヽ(`▽´)/

エンジニアの雑記帳

ヴィックスヴェポラップの驚きの使用法に驚いた!

皆さんご存じの家庭に一つはあるであろうこの「ヴィックスヴェポラップ」、思わぬ使い方で効果を発揮すると言う噂を聞きました。

 さて、この有名すぎる「塗る風邪薬」ですが、先日何気なくネットを見ていたところ、通常の使用方法とは全く異なる使い方によって、咳が緩和できるという記事を見かけました。

 通常の使用方法

僕も昨年末から風邪をひいてしまい、約1ヶ月間ほど、咳と鼻水に悩まされるという症状が続きました。

まあ「病院いけよ」という突っ込みが一部ありましたが(笑)、普段あまり購入しない高価な風邪薬を何回か購入し、それでも症状が良くならない日々が続き、苦し紛れにこの「ヴィックスヴェポラップ」を購入、但しこのときはまだ、冒頭のような裏技的な使用方法など知らなかったので、説明書にある通りの一回量を胸や背中に塗って対処していました。

これが昔から知っている一般的な使用方法でしょうね。

驚きの使用方法

ところが、一般的な使用方法とは全く違う使用方法というものがあり、その使用方法とは、一回量を背中や胸ではなく「足の裏」に塗るというもの。

足の裏にヴィックスヴェポラップを塗布した後、靴下を履き就寝するという、今まで聞いた事も無い方法が、まさかの効果を発揮するらしいのです。

そのまま就寝して、朝目覚めたときの咳の症状がかなり緩和されるとか・・・

足の裏に塗布して効果が現れる理由

それでは何故、背中ではなく足の裏に塗布する事により効果が現れるのか

 

咳を止める効能として「ユーカリ油」という成分が良いようで、昔からオーストラリアの原住民が家庭薬としてユーカリ油を揮発させ吸入したり、マッサージ用として足の裏にユーカリ油をすり込む事で、風邪を緩和することが知られているようです。

そして何より「ヴィックスヴェポラップ」にはこの「ユーカリ油」という成分が含まれていて、家庭用に風邪薬として普及したのでしょう。

第二に、足の裏には器官系のツボが集中しており、東洋医学的な考えからも足裏へ塗布することが有効だと言われています。

驚きの効き目について

クチコミ的なものを見る限り「速攻で咳が止まった!」「咳が落ち着きぐっすり寝れた」「下手な咳止めシロップよりも効く」といったようなクチコミが多いです。

僕は今のところ風邪が落ち着いているため、咳も出ないということで実践すらまだしていませんが、今度咳が酷いときには是非とも試して見たい方法ですね。

そして最後に注意点ですが「寝る前に足裏に塗って靴下を履く」というのが前提ですので、朝起きて足裏に塗って~・・・というのは避けたほうがいいみたいです。

なぜなら、足がベタベタしてとてもじゃないけど歩く気にすらならないという投稿も見られましたからね(^_^;)

まあ、何もないのが一番ですが皆さんも咳が辛いと言うときに、ちょっと試してみてはどうでしょう。

 

大正 ヴィックスヴェポラッブ50g 瓶入り [指定医薬部外品]

© 2013-2019思いたったら吉日ヽ(`▽´)/