思いたったら吉日ヽ(`▽´)/

「思い立ったが吉日」が本来の語句ですがね・・ただの思い付き的な日記

[禁煙・減煙]ヴェポライザーを試してみた

こんにちは

日曜ともなれば朝ビールにはまっていて、釣りに全然行ってない自称ITドカタの「針たむ」です。

今回はタバコについての記事となります。

f:id:sasaken-eng:20180722115950j:plain

 

ヴェポライザー到着

先日、Amazonからヴェポライザーがやっと届きました。

モデルは「LVSmoke」のFlashというモデルになります。過熱式タバコをここ何ヶ月か使用していて、普通の市販のタバコを何等分かにして使用、または手巻き用のシャグを使用したりできるということで、コスト的な面でかなり気になっていていたので、今回これの購入に踏み切った次第です。

IqosやGloなんかも試してみましたが、やはりコストの面で普通の紙巻タバコより維持費もかかるのでどうにかならないかと思い悩んだ末、これにたどり着いたわけですね。

 

f:id:sasaken-eng:20180722120923j:plain

 

ヴェポライザーって?


ヴェポライザーって何?という方のために簡単に説明すると、ヴェイプや電子タバコが登場する更に以前より医療用に開発されていたドライハーブを加熱して発生した煙を吸うための器具です。

燃焼させたハーブを喫煙するよりも加熱だけで煙を発生させるためタールや一酸化炭素を抑える事がテ出来る便利モノでもあります。

電子式が現在は主流ですが、ガラス製の筒状のものにハーブやゴニョゴニョを入れて火であぶりその煙を吸うといったアナログなものが本来のヴェポライザーです。

コスト面の問題

最近になって、自分・他人が吸っているタバコ臭が嫌で禁煙しようとしても、これまで一度も禁煙に成功した事が無いのですがね・・

思い起こせば禁煙ガムから始まり、通常80%以上の割合で成功する禁煙外来でさえも、通算3年かけて通院したにもかかわらず全てが失敗に終わってきました。

過熱式タバコのブームでIqos・Glo・PloomTechといった主流の過熱式デバイスも一通り試しましたが、何かが違うと思いつつも先日まで使用はしていました。ですが、デバイス+スティックの価格のバランスがどうしても良いとは言えないのが実情で今までの紙巻タバコよりもはるかにコストがかかるという問題。

手巻きタバコだとシャグ(タバコ葉)自体には税金が掛からないのでかなり安く済むのでしばらく手巻きタバコを使用していましたが、以前と違い事務所内での作業ではなく屋外での作業が増えた近頃では手巻きで吸っている時間がないのでここ最近は、疎遠になっています。

しかし、このヴェポライザーを使用する事により通常の紙巻タバコ(使用量4分の1程度)・手巻き用のシャグを使って加熱式タバコとして利用する事が出来るためコスト面では大幅に他のデバイスを上回っていると感じます。

実際に吸ってみた感想

実際に吸ってみた感想としては、もうIqosとかGloは必要ないというのが率直な意見ですかね。

葉の詰め方や分量にもよるのかも知れませんが、キック感・味ともに「タバコ」です。ちょっと裏技的にミストを増やすためにシャグにグリセリンを混ぜると言うのもアリです。

グリセリン:リキッド式の電子タバコで使用するコレです

f:id:sasaken-eng:20180722124439j:plain

じつは以前に禁煙を目論んでベイプというものを買ったことがあり、しばらく使用していたためリキッド等が結構、残っていたんですね。

リキッドについての詳細はこちら

自分が使用しているシャグはチェのレッドで、ここ数年ほったらかしだったのもあって、どちらかと言うと乾いているような感じがしたので、ちょっと試しにリキッドを添加してみました。

*リキッドを使用する際は「スペーサー」等を使用してくださいね。故障の原因となります。

f:id:sasaken-eng:20180722125019j:plain

f:id:sasaken-eng:20180722124929j:plain

ヤニクラ!キターーーーー!!

これがまた、ガツンときましたよ。
コレまでの加熱式タバコでは味わう事が出来なかったタバコ特有の味もさることながら、久々のヤニクラのグラグラが。

結論、IqosとかGlo・・・もうイラネ(笑)

Iqosのあのタマゴの腐ったような匂い・・キック感はあるけどね、Gloにかんしては吸った気がしない・・味は少しいいけどね・・

味・喫味ともに、当面はヴェポライザーのみで行きたいところですが・・・実は問題点が一つ・・

ヴェポライザーの問題点

タバコ好きなら一台は持っていたいこのヴェポですが、自分が購入したモデルに関してはバッテリーの持ちが非常に悪いんです。

結構安いタイプだから仕方がないとしても平均燃焼温度400℃で使用すると5~6セット(5分で1セット)使用出来るかどうかという感じです。

おそらくもうちょっと高価で最新式のモデルならなんとか一日使用するということも可能かもしれませんがさすがに1万円台からのモデルを買う気にはなれませんしね・・

もう少し長時間使用可能で安いモデルを再度探してみますかね。

まとめ

やはり加熱式タバコにしろ紙巻・手巻きにしてもそれぞれ、一長一短というものはあるようでコスト面を考えればヴェポ、持続性を考えればIqos、Glo、Ploomtechでしょう、禁煙したいのならベイプ。

いや、いっそタバコ止めたほうが一番いいんだろうけど、長年付きあってきたニコチン様と縁を切るのも忍びない・・・

結論が出ないまま今回はお開きといたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

 

 

sasaken-eng.hatenablog.com

 

 

 

© 2013-2018 思いたったら吉日.