思いたったら吉日ヽ(`▽´)/

「思い立ったが吉日」が本来の語句ですがね・・ただの思い付き的な日記ですそれ以上でも以下でもない・・

一(イチ)ちゃん?

イチちゃん

f:id:sasaken-eng:20170513094000j:plain

一ちゃん、一香?一美?一子?
肝心要の名前が出てこない。

雰囲気的に中学校の文化祭だった気がする
もしくはクラスの研修的な授業だったのか・・
よくわからない

何かイベント的なものであったのは間違いないだろう

彼女は真面目で大人しいとても目立たない存在だった・・・と思う
明日になれば名前、顔、すべてが記憶から消えてしまいそうで
このブログに残そうと思った。

行事中の流れで何故か彼女と組む事になって終始一緒に行動してたはずなのだが
途中幾度となく彼女とはぐれてしまう
何故かそれがとても悲しく感じてしまった。

好きになってしまったのだろうか
特に目立つ子でもなんでもない大人しく真面目な普通の子だった一(イチ)ちゃん

名前・・・
本当に一(イチ)ちゃんなんだろうか
そもそもそこすら自分の記憶に自信がない


とにかく、終始イチちゃんを目で追っていた記憶はある
そして友人に対しても勝手に(笑)俺の「彼女」という設定で行事を進めていたハズ・・・?
確かに二人で道路わきの草むしりとかやったし、回りは皆、単独作業している中
二人で作業するのをとても恥ずかしがっていたイチちゃん
そこはしっかり覚えている。


が、・・・とにかく記憶に全然自信がない上に曖昧さが増してきてこの記事を書いている最中でも
彼女の顔のイメージがぼやけて来ているのがわかる。

名前だけが数字の一がついていたと言う記憶だけが絶対に正しいと自分に言い聞かせる。

そもそも当時のクラスメイトにそんな名前の子はいなかったはずなのに・・・・

まるでアニメ、「君の名は」の世界にでも入り込んでしまったんじゃないかと思ってしまう。


行事中に姿が見えなくなる一ちゃん
それを探して回る自分
ずっとそばに置いておきたい、離れたくないという衝動

好きだったんだろうか・・・
でも、イチちゃんの顔がわからなくなってきたよ
名前すらイチちゃんなのか自信がない

そして
行事の最後に視界の中に一(イチ)ちゃんがいたのに解散してしまったとき
この後絶対に会うことは無いと、何故かそう感じたのに

なんでそこで声をかけなかったんだ?俺
もうちょっと羞恥心を捨てて手を掴んで近くに引き寄せれなかったのか?
もう絶対に会うことは無いんだぞ・・
一秒でも多く近くに感じていたいのに・・・
羞恥心なのかただの小心者だっただけなのか・・


結局、そのまま解散
彼女とは二度と会えない・・・・のです
どう考えても当時、そんな子はいなかったわけで
でも、
夢でもいいから会いたいのです
もう一度会えたらきっと・・・

イチちゃん・・・

f:id:sasaken-eng:20170513094541p:plain





と、言うような夢を明け方近くに視ました。

こんなオチですけどね(笑)
夢なのに妙にリアリティがありすぎてイチちゃんがあまりにも恋しくて
忘れではいけない。という衝動に駆られての投稿です。


切れ目で脳がおかしくなってるんかのぅww

取りあえず最後まで読んでいただきありがとうございました。<(_ _)>

sasaken-eng.hatenablog.com
sasaken-eng.hatenablog.com
sasaken-eng.hatenablog.com
sasaken-eng.hatenablog.com